シックハウス症候群対策にはエコカラットがお勧め

バナー

シックハウス症候群対策にはエコカラットがお勧め

現代では通常は健康に悪影響がほとんどない化学物質に過剰に反応し、体調不良に見舞われてしまう人も増えています。

特に、近年増えているのが住宅の建材などに使用されている揮発性の化学物質によって引き起こされる「シックハウス症候群」です。



シックハウス症候群とは、主に住宅の建材の塗料などに含まれている揮発性有機化合物(VOC)によって不定愁訴が引き起こされる病気で、この病気になると室内にVOCが少しでも存在すると体調不良が生じます。
住宅には使用されているVOCの代表はホルムアルデヒドやトルエンといった物質で、これらは住宅の内装塗料や接着剤に使用されていることが多いことから、新築住宅やリフォーム後の住宅に引っ越した直後にシックハウス症候群に発症する場合も少なくありません。

シックハウス症候群にかからないようにするためには、普段から換気を徹底して室内のホルムアルデヒドやトルエンの濃度を低い状態にしておくことが大切ですが、近年、こうしたシックハウス症候群対策に有効なのが「エコカラット」という機能性壁材です。

あなたが探していたwikipediaついてはこちらのサイトでご確認ください。

エコカラットは珪藻土などの原料を焼成して製造した特殊な壁材で、壁に専用の接着剤で貼り付けて設置します。
この壁材は表面に無数にあいた微小な孔によって呼吸するとともに、室内の揮発性の化学物質を吸収して室内のホルムアルデヒドやトルエンを低減することができます。

長期間の使用でもその効果は持続するので、室内の壁にエコカラットを貼り付けておくのが効果的なシックハウス症候群対策になります。

なお、エコカラットはDIYで無理なく設置できるように設計されており、低費用で設置することも可能なので、シックハウス症候群でお悩みの方はもちろん、出産を控えて赤ちゃんが安心して暮らせるようにしたいという方などにもお勧めです。